むねかた雅俊オフィシャルページ

むねかた雅俊の意気込み

「答えは現場にある!」を信条に、民間企業時代はお客様、お取引先の目線に立ち、様々な問題、課題を解決をしてまいりました。そしてこれからも、市民の皆様と同じ目線、また生活者の立場に立ち、しばた薫心前議員の「軒先の声を市政に」の精神を継承し、市民が生きがいを感じ、人に優しいまちづくりの為に活動していきます。

宗形雅俊

ブログ最新記事

2018/01/18市税シリーズVol.6

昨年掲載しました市税シリーズが間があいておりました。今回は、軽自動車税について説明します。
軽自動車税は、原動付自転車、軽自動車、小型特殊自動車と二輪の小型自動車(オートバイ)に対してかかる税であります。

<納税義務者>
 毎年4月1日現在、軽自動車の所有者にかかります。軽自動車税は月割課税制度がないため年度分の一括納税となります。(4月2日以降軽自動車を手放しても税負担はあります)

【税 額】
<原動付自動車>  
・総排気量が50cc以下のも   2,000円
・二輪で総排気量50ccを超え90cc以下のもの  2,000円
・二輪で総排気量90ccを超え125cc以下のもの 2,400円
・ミニカー   3,700円

<軽自動車>    
・二輪で総排気量125ccを超え250cc以下のもの及び二輪のトレーラー 3,600円
・もっぱら雪上を走行をするもの(総排気量660cc以下のもの) 3,600円

<小型特赦自動車> 
・農耕作業用(最高速度35km/h未満)  2,400円
・最高速度15km/h以下のフォークリフトなどの乗用装置があるもの 5,900円

<三輪及び四輪以上の軽自動車>
●平成27年4月1日以後最初の新規検査した車両
・軽自動車  10,800円
・乗用営業車 6,900円
・貨物自動車 5,000円
・貨物営業用 3,800円
・三輪   3,800円
●最初の新規検査してから13年経過したもの
・軽自動車  12,900円
・乗用営業車 8,200円
・貨物自動車 6,000円
・貨物営業用 4,500円
・三輪   4,600円
●上記どちらにも適用条件があてはまらない車両
・軽自動車  7,200円
・乗用営業車 5,500円
・貨物自動車 4,000円
・貨物営業用 3,000円
・三輪   3,100円

詳細や申請書・届出書ダウンロードは
「札幌市 軽自動車税 ダウンロード」で検索してください。




「答えは現場にある」を信条に
 「あなたの声を市政に」・・・むねかた雅俊
ホームページhttp://munekata-masatoshi.com/
        

まごころブログはこちら

市政に関するご意見・ご相談

人々が「安心」「安全」「快適」に暮らせる地域社会の実現にむけ働きます。お困りのことなどお気軽にメールにてご相談ください。

→【詳細はコチラ】

ご意見・ご相談はこちら